キャプテンシー研修

研修内容

○キャプテンとマネージャーの違いを理解し、現場運営のスキルアップが望めます。
○キャプテンに求められる即時的判断、即時的指示ができるようになります。

資料請求

2日間コース

1日目   2日目  
9:00

























17:00
1.キャプテンシーの基本知識
  ◆キャプテンシーとは何か~マメジメント
   との区分
<演習1-1>自己分析
  ※「キャプテンシー、6つの役割を採点する」
<演習1-2>グループディスカッション
  ※「上司は、自分にどのようなキャプテン
    シーを求めているのか」
<演習1-3>グループディスカッション
  ※「メンバーは、自分にどのようなキャプテ
    ンシーを求めているのか」
1-2.キャプテンシーの意義と価値
  ◆キャプテンとしての影響力を知る
2-1.キャプテンシーを強める具体的スキル①
    ~情報収集スキル
  ◆現場情報を仕入れるための「見る能力・
   聞く能力」
<演習2-1>ヒヤリングトレーニング
  ※「状況確認」
2-2.キャプテンシーを強める具体的スキル②
    ~指示スキル
  ◆「指示」が劣化してしまう人間心理を知る
<演習2-2>指示トレーニング
  ※「メンバーへの指示」
<演習2-3>ロールプレイング
       (ヒヤリング+指示)
  ※「進捗の起動修正」
9:00

























17:00
<演習3-1>キャプテンシー実践演習
  ※「模擬チーム作業」
<演習3-2>演習振り返り
  ※「模擬チーム作業」
3.”情報共有の現実”に立ち向かうには
  ◆情報の価値を痛感させているか
     ~報告義務への刺激
  ◆直面する問題へ集中するメンバーの視野
   を広げるには
4.キャプテンとしてのチーム統率
  ◆プレイヤーとキャプテンシー、両立のコツ
  ◆複数メンバーを円滑に動かす5つの条件
<演習4>キャプテンシー総合演習
  ※「メニー・ミッション・マネジメント」(MMM)
5.キャプテンとしての「目標」に対する認識
  ◆”目標”と”モチベーション”の関係
  ◆適正な目標設定を実現する5つのポイント
  ◆目標達成へ向けた目標管理のコツ
<演習5-1>目標設定
  ※「キャプテンシーを強いるための目標設定」
<演習5-2>決意表明
  ※「目標発表」
6.より優れたキャプテンを目指して
  ◆キャプテンシー実践のPDCAとは
  ◆広く周囲に学ぶ姿勢


       

※こちらのプログラムは基本的なものです。お客様に応じて様々なアレンジも可能ですので、お気軽にご相談ください。