ティーチング研修

研修内容

○ティーチングの価値を実感できる講義「ティーチングフィロソフィー」の導入により、”教える”ことの意味と価値を注入します。
○受講者が欲しい知識・現実的な対応法が随所に散りばめられています。
 →理解・体得が効率よく実現できるプログラム構成です。
○スキル体得に向け、反復演習のスタイルを採用。
 代表者演習による基礎固めとグループ内演習に多くの時間をあて、場面・状況ごとに必要なテクニックの体得を実現します。
○講師2名で実施をした場合、さらなる実践力・応用力の向上が可能。
 →部下・後輩役の講師を相手にした反復演習で、啓発ポイントが明確になります。

資料請求

1日間コース

1日目  
9:00























17:00
1.忘れてはならない、ティーチングの価値
 * こんなにあった!「教える」がもたらしてきた恩恵
 * ティーチング、7つのフィロソフィー
【演習】 グループディスカッション「経験分析」
 ◇「ティーチング経験を語りあう」
2.ティーチングのトラブルシューティング
 * 陥りがちな、10の現象
【演習】 グループワーク「自分のティーチング傾向」
 ◇「実践から分析する私のティーチング傾向」
3.知っているだけで簡単レベルアップ
 * HKCティーチング、6つの心構え
4.ティーチングの基礎スキルを磨く
 * 自分の話しを整える3つの原則
 * 聞き手を意識できるようになる、簡単な仕掛け
【演習】 グループワーク「ティーチング体験」
5.場面、状況に応じたティーチングのコツ
 * 時系列、描画、順序、先導、ほか
【演習】 ロールプレイング「場面・状況対応ティーチング」
 ◇ 手続き/段取りを教える、魅力を教える、実践させる/改善を促すために教える、ほか 6.ティーチングの実践
【演習】 ロールプレイング「総合演習」
 ◇ 「配属されたばかりの新人に教える」
7.さらにティーチングスキルを高めるために

終了
   

※こちらのプログラムは基本的なものです。お客様に応じて様々なアレンジも可能ですので、お気軽にご相談ください。